調律・修理

木や羊毛、クロスなど天然素材を使用して作られるピアノ。
「まるで生き物」と言われるほど、
ピアノは環境の変化によって音やタッチが変わってしまいます。
愛するピアノをいつまでも最良の状態でお弾きいただくために
ヒオキ楽器のピアノ技術がお手伝いします。

choritsu_hioki2016

choritsu

・長期間調律未実施の場合、別途料金となります。
(未実施期間1年毎に、¥1,000が基本となります。)
・調律以外に、修理、タッチ調整、音色調整を必要とする場合は別途料金となります。

状況に応じ、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調律とは

ピアノは構造が複雑で、精密機械のようです。
でも反面、その調整は最も手工的。

そのため専門的訓練を受けた
ピアノ技術者によらなければなりません。

この仕事を大きくは「調律」といいますが、
実は調律、整調、整音の3つの作業から
なっています。

これらの基本調整が、
ピアノの健康管理のために必要です。

ms_pkojin001
ピアノも消耗品です。
ピアノの内部では、演奏時に瞬時的に激しいすばやい運動が繰り返されますので、特に精巧に出来ている部分などには、使用時間などによって疲労したり、消耗する部分があります。

ピアノの弦は20トンの張力
断線(弦が切れる)
弦は1本80~90kgの張力で張られており、約230本、合計張力約20t。打弦位置、弦の支持状況、使用頻度、打鍵力などによる疲労や、置き場所の状況によってサビを生じるなどから断線することがあります。
間接部(フレンジ)の磨耗
アクションの中で間接の役目をしているフレンジは、木の小さな、大変精巧な部品です。演奏によって繰り返される摩擦によって磨耗していくのです。
ハンマーフェルトの消耗
強い力で張られている弦をハンマーのフェルト面でうつのですから、フェルトは消耗していきます。
ブッシングクロスの消耗
摩擦による消耗が生じますこれら使用しているうちに消耗する部品については、部品を取り替えることによってすぐに元の状態に戻ります。

ヤマハは最新鋭の設備をもつ調律技術者養成期間「ヤマハピアノテクニカルアカデミー」から
毎年、優秀なピアノ技術者を送り出しています。
調律技術のみならず、ピアノに関する幅広いご相談にお応えできるよう、
弊社には優秀な技術者をそろえております。
ピアノに関することは何でもご相談ください。

 

~「お電話によるお問い合わせ」~

下記お電話番号へお問い合わせください。

<本社お客様窓口>

TEL 026-227-7070
火~土 AM9:30-PM18:00
日・月・祝祭日は本社定休日となっております。
(店舗は月曜のみ定休です。)

FAX 026-227-7771(24時間)

 

 

ヤマハ音楽教室
ヤマハ英語教室 
防音室 (アビテックス)・調音パネル
桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」長野教室

ピックアップ記事

2017.7.23

無料参加型イベント「ひらいてみようヤマハのトビラ」 渋谷ロフトにて開催

参加費無料! ヤマハの楽器・防音室を自由に体験できる参加型イベント! 楽器体験会に参加された方にオリジナルクリアファイルをプレゼ…

ページ上部へ戻る